バイオサイトジェンは先進的なターゲティングゲノム編集技術と能力を擁し、お客様のニーズに合わせて、カスタマイズラット/マウスのモデルを作製提供しています。

ゲノム編集技術とトランスジェニック技術の違い

ゲノム編集技術もランスジェニック技術もどの技術も生物体のゲノムを変更して、遺伝する形質転換しますが、両者には大きな違いがあります。ゲノム編集はノックアウトあるいはターゲット遺伝子の置換することによる生物自身のゲノムの標的操作であり、希望の形質を持つ個体をもたらしますが、トランスジェニック技術は生物体内に存在しない外来性遺伝子を導入するにより新たな性状を持つ生物種を得る技術です。

ランダムな統合およびランスジェニックによって得られた動物種は、遺伝子発現にいくつかの交絡効果をもたらす可能性があります。ランダム統合、トランスジェネシスによる動物系統の生成は、細胞ごとの複数の統合、統合部位またはその付近での内因性遺伝子の活性化または破壊、およびエピジェネティックによるトランスジーンの不安定な発現を含みます。 また導入遺伝子はしばしば高く発現し、予測できない細胞性状を引き起こし、結果的に解釈が困難になります。

標的遺伝子編集は、遺伝子の内因性遺伝子座(およびこの部位のみ)に修飾を導入することで上記の制限を克服し、修飾遺伝子をネイティブプロモーターによって発現するようにします。 その結果、獲得した機能を生理学的状況で研究することができます。

Tol2トランスポゾンベクターシステム:

Tol2トランスポゾンベクターシステムは初めにはゼブラフィッシュに用いられましたが、今はトランスジェニックマウスの作製に使用されます。 Tol2システムによって導入した遺伝子はA / Tリッチ領域に挿入する傾向があるため、発現の効率が高くなります。 従来の前核内DNA顕微注入法と比べると、Tol2システムは操作が簡単で成功率も高いです。 当社はTol2システムで長さ30kb遺伝子の導入も可能です。

BACトランスジェニック技術:

BACトランスジェニック技術は、外来遺伝子を宿主導入する最初の技術であり、農作物や家畜など多くの実験生物や商品作物に広く利用されています。

Back to top