top
Please input keywords
私たちの歩み
10年以上続いてきたプラットフォーム革新
2009
2011
2014
2013
2015
2016
2018
2019
2020
2021
2009
北京本社が設立
2011
相同組換え(ES)技術に基づくゲノム編集技術のプラットフォームの構築が完成、対外サービスが始まる。
2014
CRISPR/EGE遺伝子編集技術に基づいて、ラットで同時に2つの遺伝子Knock-inを成功させました。 また、高度免疫不全マウスB-NDGとC57BL6バックグラウンドの免疫チェックポイントヒト化マウスを開発しました。
2013
シリーズAラウンドで3500万人民元を獲得しました。
2015
前臨床薬効薬理プラットフォームを構築。シリーズBラウンドで4000万人民元を獲得しました。
2016
創薬プラットフォームの構築が完了。海門動物センターは全資格AAALAC認証を取得、国際的高基準の動物センターとなる。また、転換社債形式のB+シリーズで2170万元の投資を受け、これは2018年2月、株式として転換されました。
2018
ボストン支社が運営を始める。シリーズCの4.1億元の資金調達を完了した。
2019
5億元のシリーズD資金調達を達成、SUPCETM技術の開発に成功、完全ヒト抗体RenMabマウスが発表される。米国で抗CTLA-4抗体YH001の新薬臨床試験が承認。
2020
オーストラリアでYH001、YH002、YH003の初の臨床患者の募集を開始しました。9.7億人民元のD+シリーズ投資を獲得し、「RenMice HiTS Platform」の確立を正式に開始しました。
2021
米国では、YH001、YH003の臨床2相試験の許可を獲得し、中国ではYH001の患者募集を始めた。また, YH003の臨床1相試験の許可を獲得しています。 追加で3.11億元の投資を獲得しました。