top
Please input keywords
TCR抗体技術プラットフォーム



T細胞受容体(T cell receptor,TCR)は特定の主要組織適合性複合体(Major histocompatibility complexes,MHC)と輸送される細胞内ポリペプチドが形成する複合物(MHC-antigen-peptide,MAP)を識別しT細胞を活性化して細胞性免疫を増強します。TCR様抗体の取得技術プラットフォームは主に抗体によりTCRを代替し、親和性と特異性がTCRよりはるかに高い抗体をスクリーニングします。こうして細胞内抗原を効果的にターゲットします。バイオサイトジェン独自のマウスHLA/RenMabとハイスループットの抗体スクリーニングプラットフォームを利用すれば、より正確なMAP識別による完全ヒト抗体を取得することができます。


従来の抗体治療は主に細胞膜表面の抗原(PD-1、PD-L1など)に対するものでした。しかし理想的な腫瘍抗原(RAS、P53、WT1など)は主として細胞内に存在するため、抗体治療には限界があり、腫瘍抗原を識別するTCRと対応する抗原の親和性がかなり低くなり、腫瘍細胞の免疫逃避が生じます。TCR様抗体の取得技術プラットフォームはこの制限を克服するものです。


細胞内の抗原はプロテアソームで分解されポリペプチドになります。一部のポリペプチドはTAPにより識別され小胞体と主要組織適合性複合体(人間のMHCはヒト白血球抗原,Human Leukocyte Antigen, HLAと呼ばれる)に転移して複合物(Peptide-HLA)を形成し、細胞膜表面に輸送されます。特定のPeptide-HLAを対象にして作製された抗体は識別を通し結合細胞内の特定の抗原ポリペプチドと結合し、細胞の標的化スカベンジを行うことができます。


私たちが独自開発したHLA/RenMabマウスは、RenMab上でHLAを発現します。このマウスモデルはHLAに対する許容性を保持するだけでなく、抗原刺激が特定のPeptide-HLA複合物を対象とした抗体を生成し、HLAに対する抗体を生じることはありません。私たちのハイスループット抗体スクリーニングプラットフォーム(Beacon®光流体工学プラットフォーム、ファージディスプレイ、酵母ディスプレイなど)は抗原免疫の特定後、Peptide-HLAの高特異性と高親和性を持つ完全ヒト抗体を的確に取得することができます。このような方法により得られた抗体は, in vivoにおける親和性を有していることを保証できるのです。


TCR様抗体の取得技術プラットフォームで得た完全ヒト抗体は、後続の抗体関連医薬品、CAR-T、TCR-Tなどの分野にさらに多くの候補物質を提供できます。また標的スカベンジで特定した異常細胞(腫瘍細胞、感染した細胞、老化細胞など)にもさらに多彩な細胞内ターゲットを提供します。これに加え、自己免疫疾患による攻撃を受ける特定の細胞のためにTCR様のブロッキング抗体のスクリーニングを行い、正常な組織が破壊されないようにします。