ゲノム編集のマウスモデルを使用して、遺伝子発現並びに遺伝性疾患の研究や前臨床薬物の薬効評価などを行っています。マウスモデルでは変異の遺伝子は始終に発現しています。多くの研究の中で、その遺伝子の発現をコントロールするために、誘導性疾患モデルが必要になります。

マウスモデルで研究する際に、特定の組織の遺伝子組み換えを行って、マウスの特定の時期に特定の遺伝子を活性化する場合があります。このような制御が可能なマウスモデルをコンディショナルマウスモデルと呼ばれています。Cre-loxPマウスはこんなコンディショナルマウスモデルは最も有効的な方法の一つです。特定のCreツールマウスは特定の組織の特異性遺伝子プロモーターを調整することによって、組織特異性Creレコンビナーゼを発現しており、つまり特定のCreツールマウスはゲノム編集の組織特異性を決定します。Creの代わりにCreERT2を使用する時には、タモキシフェンによって、レコンビナーゼの活性が誘導され、Cre-ERT2-loxPモデルはコンディショナル誘導マウスモデルになります。loxPマウスは二つのloxP配列があり、すべての遺伝子もしくは一部の遺伝子のエクソンの両側に位置しています。loxPの位置は将来のゲノム編集位置を決定付けます。LoxPマウスラインには2つのloxP配列がありまして、すべての遺伝子もしくは一部の遺伝子のエクソンの両側に位置して、編集する遺伝子を指定します。

Cre-loxPシステムはコンディショナルマウスモデルを構築する有効的な方法です。バイオサイトジェンは科学研究や薬物の開発に使えるカスタマイズCre-loxPマウスモデルを作製し提供しています。弊社は僅か9ヶ月でモデルの設計から作製及び検定しています。ご依頼は要請フォーマットにご記入して送ってください。または詳細情報に関しては弊社にご連絡ください

Creツールマウス

通常名称 製品番号 応用分野
B-CAG-tdTomato cKI Mice 110148 Cre-induced tdTomato expression for Cre expression profile detection
B-Grpr-iCre Mice 110125 Grpr promoter-driven Cre mouse model (digestive system, nervous system)
B- Nkp46-iCre mice 110127 Ncr1 promoter-driven Cre mouse model (NK cell)
B-Pdgfrb-iCre Mice 110129 Pdgfrb promoter-driven inducible Cre mouse model (parietal cell of multiple organs, such as skin, intestinal tract, kidney, lung and plexus vasculosus around central nervous system)
B-Prrx1-iCre Mice 110130 Prrx1 promoter-driven Cre mouse model (mesenchyme)
B-Sp7-iCre mice 110131 Syn1promoter-driven inducible Cre mouse model (brain)
B-Ucp1-iCre Mice 110134 UCP1 promoter-driven Cre mouse model (mitochondria, brown fat)
B-Tcf21-iCreERT2 mice 110141 Tcf21 promoter-driven inducible Cre mouse model (bladder, lung)

Creツールラット

通常名称 製品番号 応用分野
B-Drd2-Cre Rats 210488 Drd2 promoter-driven Cre rat model (nucleus accumbens, dorsal striatum, pituitary)
B-Oxt-iCre rats 210501 Oxt promoter-driven Cre rat model (hypothalamus)

 

当社のヒト化腫瘍細胞株は、薬理学的サービスにのみ使用されます。

Back to top