多数のヒトCD3εターゲット抗体はマウスのCD3εターゲットポイントと交差反応しません。バイオサイトジェンのB-hCD3εモデルのでは、マウスのCD3ε細胞外領域をヒトCD3ε細胞外領域に置換しまして、ヒトのCD3抗体(二重特異性抗体ヒトCD3抗体を含む)をin vivo薬効評価を行い、完璧なソリューションを提供します。これらのB-hCD3εマウスには以下の特徴があります。

1、マウスのCD3εの代わりに、ヒトのCD3εはホモB-hCD3eマウスに発現します。

2、B-hCD3εのホモマウスのT細胞は正常に発育します。

3、B-hCD3εマウスの脾臓、胸腺、リンパ節、およびPBMCT細胞サブタイプは、野生型C57BL / 6マウスのT細胞サブタイプに相当します。

4、抗マウスPD-1抗体をB-hCD3εに移植したMC38腫瘍細胞の成長を抑制する結果はB-hCD3マウスのT細胞は機能していることを示します。

5、抗ヒトCD3ε抗体OKT3B-hCD3εマウスを治療した後、T細胞が枯渇する結果は機能的なヒトCD3εが示唆されます。CD3εと抗ヒトCD3εは交差反応することを示します。

6、抗hCD3ε抗体で治療したヒト化B-hCD3εマウスに体内にin vitro 正常なT細胞増殖およびサイトカインの産生が見られます。

      最も重要なところはB-hCD3εマウスはマウス結腸癌MC38-hCD19細胞の増殖を抑制する際に、ブリナツモマブの治療に対して用量依存的に反応します。

B-hCD3εマウスモデル

B-hCD3eマウスモデルはES/HRのゲノム編集技術によって、マウスCD3ε細胞外領域のエクソン2-6をヒトCD3ε細胞外領域エクソン2-7に置き換え、作製したモデルです。

事例1:二重特異性抗体のin vivo薬効評価

3.1.2.3-case-1.png

Murine colon cancer MC38-hCD19 cells were subcutaneously implanted into B-hCD3ε mice. Mice were divided into control and treatment group dose(n=6) when the tumor size was approximately 150±50 mm3. High doses of hCD3ε antibody (Blinatumomab) significantly inhibited tumor growth, confirming that the B-hCD3ε mouse model is a powerful tool for in vivoanti-hCD3ε based bi-specific antibody efficacy evaluation. (A) Tumor average volume ± SEM, (B) Mice average weight ±SEM

事例2

3.1.2.4-case-2.png

Strains of MiceGroupTreatment
B-hCD3εG1hCD3 Antibody(OKT3)
B-hCD3εG2CD3/CD19 Bispecific Antibody
B-hCD3εG3Blinatuomomab
B-hCD3εG4PBS
C57BL/6G5mCD3 antibody (145-2C11)
C57BL/6G6PBS

The ratio of T cells in spleen and blood were analyzed at 24h, 72h and 168h by flow cytometry.

事例3

Murine colon cancer MC38 cells were subcutaneously implanted into C57BL/6(A) and B-hCD3e (B) mice. Mice were grouped when the tumor size was approximately 150±50mm3 (n=5). In the humanized mouse model, mPD-1 antibody significantly inhibited tumor growth, indicating normal T cell function. More aggressive tumor growth after anti-hCD3 antibody treatment was observed. This may result from activation induced cell death (AICD). As a result, the B-hCD3e mouse model is a powerful tool for in vivo CD3 antibody pharmacological efficacy studies.

ヒト化腫瘍細胞株

ヒト化腫瘍セールライン

Back to top