自己免疫性疾患とほかの炎症性疾患は生体の免疫システム機能不全であり、通常はアレルギーによって引き起されるものであり、さらなる研究及び薬物開発を行う必要があります。バイオサイトジェンはその研究を促進する為に、自己免疫性脳脊髄炎(EAE) 、乾癬、喘息モデルなど、多様な疾患動物モデルを提供します。また、一連の遺伝可能であるヒト化マウスモデルを作製提供し、ヒト化ターゲットに対する特異的な治療効果の研究を行われ、自己免疫及び免疫介在性炎症性疾患の分子メカニズムの研究の為に、非常に重要な役割を果たしています。


EAEモデル

MOGでB-hIL-17Aマウス(ヒトIL-17A遺伝子の発現に成功)を慢性誘導して、EAE(B-hIL17A)モデルを構築します。

もっと読む
乾癬モデル

B-hIL17Aヒト化マウスモデル利用して、イミキモド(imiquimod)誘導の乾癬モデルを構築します。

もっと読む
喘息モデル

B-hIL4/hIL4R二重ヒト化マウス(ヒト化IL4とIL4RA同時に発現 )を利用し、卵白アルブミン誘導の喘息モデルを構築します。

もっと読む
Back to top