薬効薬理サービス

バイオサイトジェンの薬理薬効事業部は現在腫瘍免疫、腫瘍及び自己免疫の三つの分野に重点を置いて、in vivo / in vitro薬理薬効サービスプラットフォームを構築して、大勢のお客様に世界クラスのサービスを提供しています。

弊社のin vivo薬理薬効サービスは重度免疫不全マウスB-NDGマウス及びこれ関連のモデルを基盤にしています。そのなか、PBMC再構築とCD34+HSC再構築モデルCDX(cell line-derived xenografts)モデル、in vivo/in vitro実験に必要な抗体工学細胞株モデル、整えられた免疫チェックポイント抑制剤とサイトカイン及びその受容体のヒト化マウスモデルが含むまれています。これらのモデルを利用して、薬理薬効プラットフォームではin vivo効果薬物動態学(PK)薬力学(PD)及びバイオマーカー(biomarker)分析並びに、病理学及び毒理学評価のサービスを提供しています。in vivo薬効プラットフォームの補足として、in vitro薬理学プラットフォームでは免疫細胞解析(例えば腫瘍浸潤リンパ球(TIL)などの解析)、サイトカインストーム(CRS)測定、初期のT細胞、NK細胞及びマクロファージを基づくした機能測定、例えば、T細胞活性化、混合リンパ球反応(MLR)、T細胞の細胞毒性、抗体依存性細胞傷害(ADCC)、補体依頼性細胞傷害(CDC)、ターゲット結合、受容体占有率(RO)、細胞増殖とアポトーシス並びにレポーター細胞測定実験を提供しています。

バイオサイトジェンはすでに製薬企業及び生物分野のお客様のために 生物製剤(モノクローナル抗体、二重特異性抗体及び融合タンパク質)、ポリペプチド、低分子、CAR-T細胞治療及び腫瘍溶解性ウイルスなど多種類の薬物薬効評価サービスを提供しました。2019年 、薬理薬効事業部は全世界300社以上のお客様のために600以上の薬物評価を行っており、その一部はINDの申請まで支援しました。バイオサイトジェンの大規模、高い品質の動物モデルと先進的なゲノム編集技術を利用して、薬理薬効事業部はより良いサービス及び正確完全なデータを提供し、 創薬のプロセスを支援しています。




腫瘍免疫&免疫分野

弊社は免疫治療薬物の前臨床in vivo薬理薬効を評価するために、免疫チェックポイントヒト化マウス、ヒト免疫システム再構築マウスモデルやCDXとPDXモデルを含む様々なマウスモデルを構築しています。


自己免疫&炎症性疾患分野

バイオサイトジェンでは研究用自己免疫性脳脊髄炎(EAE) 、乾癬、喘息など疾患動物モデルを提供しています。


前臨床薬理薬効サービス

バイオサイトジェンはテークサポートチームの豊富な経験を頼り、高品質のin vivo薬効評価、PK/PD、毒性実験及びin vitro解析を行って、お客様から信頼される実験データと実験報告書を提供します。


Back to top