RenMab™マウス

RenMabTMマウスの紹介

抗体薬物は高い特異性、均一性、特定のターゲットを攻撃する薬であり、各疾患、特に腫瘍の治療のに対して将来性がある薬として、注目を浴びています。マウスはヒト抗原に対する免疫耐性が低く、操作が容易であることから、抗体薬物の開発ツールとしてよく使用されています。然し、マウス抗体はヒトの拒絶反応を起こりやすくなるため、抗体治療の安全性や治療有効性に悪い影響を及ぼす可能性があります。このわけで、マウス抗体のヒト化は薬物開発のプロセスにおいて非常に重要になっています。

抗体のヒト化マウスモデルの誕生は抗体薬物開発に大きな変革をもたらしました。ヒト抗体遺伝子をマウス抗体遺伝子(重鎖及び軽鎖)に置き換えることでヒト化抗体の開発をワンステップで実現することになりました。in vivoスクリーニングによる抗体開発プロセスを劇的に簡素化し、開発コストとリスク低減しながら、抗体薬物臨床応用の安全性および治療効果が著しい向上られました。

今のRenMab™マウスは抗体遺伝子置き換えによって作製した完成度の高い抗体ヒト化マウスです。ユニークな染色体工学技術でマウス抗体遺伝子H鎖κ鎖の可変領域に遺伝子in situ置換を行い、マウスの定常領域と重要な調節エレメントはそのまま 保留 しつつ、マウスのλ鎖遺伝子をノックアウトします。RenMabTMマウスで作られたヒト化抗体遺伝子置換長さ及び完全性はその他既存のモデルよりも著しく優れています。また、RenMabTMマウスの免疫システムの発育状況も問題がありません。RenMabTMマウスでは抗体遺伝子の多様性が高くなりまして、抗体薬物開発過程の中でより高い潜在力を持っています。ですので、より特異性強い親和力高い多様性がに富んだ抗体薬物を得ることが可能になります。

VISIT RenMab.Com to Learn More

Ser46 phosphorylation of p53 is an essential event in prolyl-isomerase Pin1-mediated p53-independent apoptosis in response to heat stress

Heat stroke has increased in frequency worldwide in recent years and continues to have a high morbidity and mortality. Identification of the mechanisms mediating heat stoke is important and necessary. Our preliminary study revealed heat stress (HS)-induce

Learn more

NRP-1 interacts with GIPC1 and α6/β4-integrins to increase YAP1/∆Np63α-dependent epidermal cancer stem cell survival

We have identified an epidermal cancer stem (ECS) cell population that drives formation of rapidly growing and highly invasive and vascularized tumors. VEGF-A and neuropilin-1 (NRP-1) are highly expressed in ECS cell tumors and VEGF-A/NRP-1 interaction is

Learn more

Back to top