月神沈月雷 博士

取締役会長兼CEO

沈月雷博士はバイオサイトジェンゲノム生物技術有限会社の創業者兼CEOです。武漢大学ウイルス学及び分子生物学専攻卒業し、中国食品薬品検定研究院で免疫学修士課程修了。2003年 University of Massachusetts School of Medicineで免疫学博士課程修了。HHMI/ニューヨーク大学医学院ダン・リットマン(Dan Littman)ラボでポストドクターしました。。25年以上の免疫学、分子生物学及び遺伝子ノックアウト類モデル動物の作製及び研究経験を持っています。2008年米国マサチューセッツ州ウースター市(Worcester)でBiocytogen(バイオサイトジェン)を設立し、2009年帰国後、北京バイオサイトジェンゲノム生物技術有限会社を設立しました。過去10年間で、バイオサイトジェンは商業化モデルへの転換に成功しました。単純なモデル動物サービスプロバイダーからゲノム編集動物モデルの作製及び大規模的繁殖、薬理薬効、抗体研究開発サービスをカバーする全面的かつ独特なワンストップ新薬開発サービスの提供への転換を図りました。



郭超郭朝設 博士

副社長(Head of Global Business Development)

河南医科大学の臨床医学学士。北京協和医科大学(中国医学科学院)修士課程、ドイツMax Planck Institute for Biophysical Chemistry及びUniversity of Göttingen生物化学博士課程修了。博士課程中主に生物化学、構造生物学およびマウスの遺伝子ノックアウトモデルの分子シャペロン機能を研究。ハーバード大学分子細胞生物学教室、ハーバード大学医学部ボストン小児病院でヘッジホッグシグナル伝達経路、心血管系、血液系の発生生物学の研究に従事し、関連の研究はJCI、Developmentなどの有名な雑誌などに発表し、豊富な動物モデル作製及び表現型の解析経験を持っています。2013年10月末帰国し、北京バイオサイトジェン遺伝子生物技術有限会社の研究開発部のシニア総監兼大手客先マネージャーに就任しました。2015年6月から北京バイオサイトジェンゲノム生物技術有限公司のマーケティング副社長に就任しています。


青葱林林慶聡 博士

専務理事兼ボストン支社長。(Biocytogen Boston CEO)

アルベルト・アインシュタイン医学校(Albert Einstein College of Medicine)分子細胞生物学博士課程修了、アルベルト・アインシュタイン医学校Raju Kucherlapati,sラボで分子遺伝学ポストドクターとして研究をしました。主に腫瘍マウスモデルの開発及び皮膚がん直腸がんにおけるDNA修復遺伝子機能の研究に従事しました。2002~2005年、林さんはハーバード大学医学部遺伝及びゲノム学研究センター遺伝子工学ラボの総監を歴任しました。2009年、林さんはファイザー製薬首席科学者II級及びシニア科学者として勤務しました。抗体遺伝子工学ラボ主任、研究課題グループのリーダーになりました。2014年北京盛諾基医薬科技有限公司に入社、抗体研究開発副総裁を歴任、2017年同社の生物及び抗体薬物研究開発のシニア副CEOに就任し、2018年北京バイオサイトジェンゲノム生物技術有限会社に入社、専務理事兼ボストン支社長に就任し、主に抗体薬理と薬効評価プラットフォームの構築とサービスを担当しています。



楊毅 博士益阳

CSO兼新薬開発部門総括

復旦大学で学士修士修了。米国コネチカット大学にて免疫学博士課程を修了。ニューヨーク大学医学部ポストドクター修了。2014~2016年、米国サウスカロライナ大学医学部微生物と免疫学科の助教授。2016年11月帰国後バイオサイトジェンに入社。楊毅博士は20年近い免疫学の研究経験が有し、免疫学の巨匠であるダン・リットマン博士(Dr. Dan Littman)のもとでポスドク研究に従事し、腸管のTh17細胞の免疫制御及び腸管の微生物免疫を研究し、Nature、Science及びCellなどの雑誌に一連の論文を発表しました。




陳磊 博士1595322420172378.jpg

抗体開発部総監

陳磊博士は2007年ワシントン大学(シアトル校)で生物学博士課程終了後ロスアラモス国立研究所でin vivoディスプレイ及び抗体工学分野の世界的に有名なアンドリュー・ブラッドベリー(Andrew Bradbury)を師と仰ぎポストドクター研究に従事しました。陳磊博士はアッヴィ(AbbVie)社の大型分子発見グローバルセンター(Global Center for Large Molecule Discovery)およびメルク社(Merck)の大分子創薬研究部(Large Molecule Discovery Division)でシニア科学者および副首席科学者を務め、主に大分子治療性薬物の抗体発現および抗体工学に従事。アボット社/アッヴィ(AbbVie)社で、陳磊博士は治療性抗体発現のためのるmRNAのin vitroディスプレイ技術の応用についての高度な総括的研究を行い、酵母のディスプレイプラットフォームを基盤とする完全合成ヒト抗体ライブラリー及びシングルB細胞抗体発現のプロセスを構築しました。メルク社(Merck)で陳磊博士は分泌可能な酵母のディスプレイプラットフォームを基盤として完全合成ヒト抗体ライブラリー、ファージディスプレイ技術を基盤とするアルパカのナノ抗体ライブラリー及び多くの臨床プロジェクトでin vitro抗体発現に用いられる完全合成ヒトVHナノ抗体ライブラリーを構築しました。2019年、北京バイオサイトジェンゲノム生物技術有限会社に入社し、抗体開発部総監に就任しました。



庾照学 博士微信图片_20200721143735.png

 薬理薬効部 グローバルヘッド

庾照学博士は2000年に中山医学大学神経生物学博士課程を修了、アメリカEmory大学遺伝ラボ、エール大学神経科学ラボ、ハーバード大学ボストン児童病院神経科学ラボにてポストドクター研究に従事し、科学者及び講師に任命、併せて神経変性疾患の研究に従事した。2006年に米国の有名な希少疾患免疫性疾患バイオ製薬企業Alexion Pharmaceuticalsに入社、シニア科学者、首席科学者、前臨床薬物研究開発部主管として勤務した。2018年米国ボストンのGemini Pharmaceuticalsに入社し、シニア首席科学者、前臨床薬物研究開発部シニア主管として勤務した。2020年、北京バイオサイトジェン基因生物技術有限公司に入社、薬理薬効部グローバルヘッドに就任した。



詹姆士·金金天権 博士

バイオサイトジェンボストン支社副社長

武漢大学ウイルス学及び分子生物学専攻卒業、博士課程修了。イリノイ大学にてポストドクター研究を行い、研究助教を担当。米国Advanced Cell Technology社(ACT)で胚胎幹細胞の研究に従事しました。2011年11月、米国Biocytogen(バイオサイトジェン)に入社し、副社長に就任しました。




朱艶 EMBA燕竹

人的資源部副総マネージャー

2011年、北京バイオサイトジェンに入社、当社の副総裁に就任し、研究開発、生産、サービス、人的資源及び総合保障など当社全体の運営業務を担当しました。ハルビン医科大学を卒業し、10数年の臨床実験の経験を持ち、今まで生物医薬産業で研究開発の管理、プロジェクトの投資、運営管理、営業などに20年近く従事してきました。就業期間中清華大学第一期のEMBAを修了。





張海超 博士张海超

海門支社運営部総監

河北師範大学の生物化学学士、中国薬科大学博士課程修了。2010年北京バイオサイトジェンゲノム生物技術有限会社に入り、分子生物学を主管し、マーケッティング部総監を歴任しました。2016年からバイオサイトジェン江蘇ゲノム生物技術有限公司の運営部総監に就任しました





嘉威瑶姚佳維 博士

ゲノム編集事業部総監

天津理工大学の生物工学学士。天津大学の生物化学工学修士課程修了。天津大学の製薬工学博士課程を修了。2007~2012年、軍事医学科学院で研究生の課題に取り組みました。。2012年バイオサイトジェンに入社し、ゲノム編集の研究開発を担当し、ゲノム編集事業部の総監に就任しました。





黄蕤 博士瑞煌

薬理学と薬力学部門シニア総監

河南師範大学生命科学学院の生物科学と理学学士。軍事医学科学院で生物化学、分子生物学と理学博士課程修了。2011年北京バイオサイトジェンゲノム生物技術有限会社にに入り、技術部主任、遺伝子ターゲティング部総監、技術総監などポジションを経験して、今の薬理薬効事業部シニア総監に就任しています





郭雅南 博士郭亚男

薬理学と薬力学部門総監

清華大学生物科学及びバイオテクノロジージ学部卒業。米国ロチェスター大学神経生物学/薬理学博士課程修了。2009-2013年ハーバード大学医学院バーミンガム婦女病院トランスレーショナル医療科でポストドクターとして研究に従事。2014年帰国しバイオサイトジェンゲノム生物技術有限会社に入社し、薬理学と薬力学部門総監に就任。10数年のガン生物学及び神経生物学の研究経験を擁し、ヒトの疾患発生におけるシグナル伝達経路に関する深い知識を持ち、ハイスループット遺伝子シークエンシング、自動薬物スクリーニング、動物モデルの表現型分析、動物モデルを用い、薬物の治療効果分析などの各分野において豊富な経験を持っています。


Back to top