ゲノム編集

ゲノム編集(あるいは遺伝子組み換え)とはある生物のDNA断片を特定的に変更する技術です。本技術は特定のDNA断片のノックアウトあるいはノックイン(例えば、点突然変異)するためによく使われています。遺伝子組み換えと異なるのは、ゲノム編集では全体あるいは特定の組織中のゲノムを恒久的に変更することです。これらの変更は全生体または特定の組織の中で発生します。

科学者は過去主に胚性幹細胞(ESC)のゲノム編集技術を頼り、遺伝子のノックアウト(knockout, KO)及びノックイン(knockin,KI)マウスを作製しました。ゲノム編集はターゲティングベクター及びESC遺伝子DNA間の相同組換え(ESC/HR)を通してESCs中のターゲット配列に指向性突然変異を起こし、ESCsを正しく改造します。改造されたESCsをマウスの胚盤胞に顕微注入した後、サロゲートマザーマウスに移植すると、第一世代のキメラマウスが生まれます。しかし、マウスだけが生殖細胞伝達のESCを得るため、この技術はマウスでのゲノム編集にのみ応用されています。近頃開発されたCRISPR-Cas9ゲノム編集技術はその簡便さや効率の良さからゲノム編集のゴールドスタンダードの手法として使われています。

バイオサイトジェンではCRISPR-Cas9技術を基盤にして、最適化した高効率のゲノム編集システムEGETM Extreme Genome Editingシステムを開発しました。CRISPR-Cas9技術と比較すると、EGE™が介在する相同組み換え効率は20-fold近く向上されまして、マウス/ラット遺伝子モデル及び一般細胞型モデルの作製の理想的なテクニックです。バイオサイトジェンはこのEGE™を利用し、ゲノム編集動物モデル作製期間を短縮し、98%のプロジェクトの成功率を誇っています。  

バイオサイトジェンの技術専門家のチームは、マウス/ラット及び細胞型モデル作製の受託サービスを提供しております。プロジェクトマネージャーはプロジェクトの進捗状況を毎月定期的に報告し、ご確認いただけます。客様に高い品質ゲノム編集モデルを提供し、ご安心してご使用いただけます。

ゲノム編集はなぜ重要でしょうか?

ゲノム編集は生命科学研究の強力なツールとして、遺伝子機能の研究、を生理学的研究及び病理学的研究によく使われています。ゲノム編集によって作製した動物モデルは腫瘍学領域、薬物スクリーニング、臓器移植、診断、個別化治療、新規療法の開発などに広く利用されています。

バイオサイトジェン-ゲノム編集サービス

過去十年間、バイオサイトジェンはゲノム編集サービス及び動物モデルのグローバルプロバイダーに成長しました。先進的技術プラットホームを通じて、一般的動物モデル並びに遺伝子のヒト化マウスモデルを提供し、基礎研究及び薬物スクリーニングや効果の評価に用いられています。バイオサイトジェンでは毎年およそ1500匹のゲノム編集のラット/マウスラモデルを作製して、全世界のお客様にお届けしております。当社は短い納期で高い品質のモデルを提供することが可能になり、プロジェクトが失敗した場合には100%返金保証制度を採用しております。弊社のゲノム編集受託サービスに関する詳細情報については、お問い合わせくださいますようお願い申し上げます 。

Back to top