ESC/HRを基盤とするゲノム編集には下記の長所があります。:

特徴:

我们基于ES的技术的基因编辑服务的优势

サービスプロセス

技术服务流胚性幹細胞技術を基盤とするゲノム編集の流れ

胚性幹細胞技術を基盤とするゲノム編集は多能性幹細胞を利用してゲノム編集のマウスモデルを作製します。まずターゲティングベクターを電気穿孔法でマウスの胚性幹細胞に導入し、ターゲティングベクターとESC細胞のターゲットDNAを相同組換えします。組換えに成功した胚性幹細胞を選別して正常なマウスの胚盤胞に注入します。注入後、幹細胞を胚盤胞の中で増幅分化を行い、キメラ胚胎を形成します。その後胚盤胞をサロゲートマザーマウスに移植します。最後、キメラマウスと野生マウスの品種を同居させ、標的遺伝子の生殖系列伝達を持つモデル動物を獲得します。

ノックアウトマウスモデル

ECS技術を基盤とする遺伝子ノックアウトする時に、我々はポジティブスクリーニングマーカーを利用してでターゲット遺伝子のエクソンを置換しターゲット遺伝子を全身ノックアウトしました。コンディショナルノックアウト動物モデルでは、そのターゲット遺伝子は特定の細胞の中でノックアウトされます。 これは組織特異性プロモーターによって決定されます。通常はCre-LoxPあるいはFlp-Frt組換え酵素システムを使用してコンディショナルノックアウトマウスモデルを作製します。

ノックインマウスモデル

ターゲットDNA断片をゲノム内の特定位置に導入してノックインマウスを作製します。この方法で点突然変異やレポーター遺伝子(GFP)ノックイン、FLAGタグノックイン、Creツールマウス及びヒト化マウスなどのモデルを作製します。

バイオサイトジェンのゲノム編集動物/細胞系モデル

バイオサイトジェンは既に多くの研究機関や企業へゲノム編集したラット/マウスモデルを提供しております。当社は2008年に設立されてからお客様のために2500件以上のプロジェクトを完成しました。革新的なEGE技術を開発し、相同組替え効率は10~20倍に向上し、より速くお客様のプロジェクトを完成し、お客様のコストダウンをしてきました。

もしマウスモデルのニーズにがございましたら、依頼書にご記入の上、弊社にお送ってください。ほかの詳しい情報に関してはバイオサイトジェンまでご連絡ください。

Back to top