CRISPR/EGE™基盤のゲノム編集技術

CRISPR(clustered,regularly interspaced,short palindromic repeats)は侵入したウイルスDNAや他の外因性DNAを分解するための細菌の防御メカニズムです。ゲノム編集では化膿連鎖球菌由来のCRISPR-Cas9システムをよく使われています。

Cas9タンパク質はcrRNAとtracrRNAに結合して複合体を形成した後、ターゲット配列が結合してRNA-DNA複の合体を形成し、最終的に2本鎖DNAを切断します。

crDNAはターゲットDNA配列を識別し、tracrRNAはCas9活性を保存するに必要な成分です。ゲノム編集を簡略化するために、crRNAとtracrRNAは融合してシングルガイドRNAs(sgRNAs)を作製します。同時にsgRNAとCas9タンパク質の発現プラスミドを細胞にトランスフェクションすることによって、ターゲット遺伝子が編集されます。CRISPR-Cas9技術はバクテリア、酵母、植物、魚、哺乳類の編集にも成功しており、最も有効的なゲノム編集技術になりました。

標準のCRISPR-Cas9技術を利用する際に外因性DNAとそのターゲット遺伝子間の相同組換え(HR)効率は非常に低くなります。この低効率を解決するために、バイオサイトジェンは自社で高効率ゲノム編集法EGE™(Extreme Genome Editing)システム開発しました。このシステムは標準のCRISPR-Cas9技術より、相同組替え効率は10~20倍向上し、ゲノムの編集もより速く、より簡単にできます。EGE™技術はゲノムを正確に編集できまして、様々なラット/マウスモデルを作製するためのゲノム編集には最適です。

優位性:

短い作製期間

最も速くて約2ヶ月でF0世代の陽性マウスを、5ヶ月でF1世代のマウスを提供しています。

リスクなし

プロジェクトが失敗した場合、お客様に全額返金致します。

高効率

標準CRISPR-Cas9技術より、EGE™システムでの相同組換えの効率は10~20倍高いです。

高品質

Southern blotによって、ランダム挿入による後続の実験リスクを大幅に減らします。

多様化

長いDNA断片のノックアウト、コンディショナルノックアウト及び遺伝子のノックインなど。

種の制限なし

細胞株、マウス、ラット、豚、猿やゼブラフィッシュなど。

 

サービスプロセス:

技术危机

厳格な品質コントロール:

Southern blot法によるランダム挿入の排除

大量データ解析によりますと、CRISPR-Cas9技術を基盤とするゲノム編集のプロジェクトの中、ランダム挿入の確立は約32%(ターゲティングベクター由来)です。この32%中の14%のランダム挿入は交配継代により除去出来ません。ランダム挿入の排除ゴールドスタンダード方法はSouthern blot法です。バイオサイトジェンはゲノム編集で獲得する動物のランダム挿入を防止するため、相変わらずずっとSouthern blotで解析しています。

技术严格质量控制

技术可靠性服务

Back to top