ハイブリドーマ、ファージディスプレイなどの技術で得られた抗体、モノクローナル抗体あるいは二重特異性抗体に対して、関連の疾患モデルを利用して薬効評価を行い、有効的な抗体を選別し、抗体薬物の開発プロセスを加速します。

マウス抗体のスクリーニング

バイオサイトジェンチームは各種のヒト化マウスを用いて、着実な薬効サービスを提供し免疫腫瘍学(I/O)及び自己免疫疾患研究を加速し、研究者たちの為により有効的な抗体を素早く見つけます。

また、弊社の免疫チェックポイントモデル動物及び腫瘍モデル、自己免疫疾患のサイトカインヒト化モデル動物及び疾患モデル、重度免疫欠陥B-NDGマウスPDX疾病モデルなど、抗体薬物の開発のために好ましい研究ツールを提供しています。

Image_20191226170006.png

A cohort of hybridomas were generated from the mice immunized with recombinant CD40. Antibodies were purified from ascites and quantified. Gender and aged matched B-hCD40 mice were inoculated with MC38 cells subcutaneously. When the average tumor size reached to about 100 mm3, mice were treated with monoclonal murine antibodies every three days for 6 times. Tumor volume were measured with a caliper. The average of each group (5 mice/group) were plotted to show the tumor growth (A). Body weight was also measured and normalized (B).

Back to top