動物&細胞モデル

創薬は非常に長くて費用のかかるプロセスです。時間は平均で10年あるいはそれ以上、コストは約26億米ドルかかります。一旦薬物が多くの患者さんの治療効果が現れると、その報酬を驚くほど得ることがあります。臨床研究の従事者及び製薬企業にとって、臨床実験を行う前に薬物の成分とメカニズムを詳しく探求し、副作用を減らしながら、治療効果を最大限に発揮することが重要です。バイオサイトジェンはターゲットの探しからINDの申請までのワンストップ新薬研究開発サービスを提供してます。

基礎研究に用いられる動物モデル

動物、特にマウスやラットのようなげっ歯類動物は人とは解剖学的におよび生理学的に多いところで似ています。動物は類似する器官や器官システムをありますし、類似する生命の機能も果たしています。Invitro実験モデルと使う方法は非常に進んでいますが、人のトランスレーショナルリサーチへの応用にはまだ限界があります。論理問題及び安全問題のため、動物モデルで薬物の安全性、ある程度の治療効果を証明された後人体への臨床実験に入られます。このように、動物モデルは前臨床プロファイリング、特に癌の研究や創薬において不可欠です。

バイオサイトジェンは免疫チェックポイントヒト化マウスや重度免疫不全B-NDG®マウスなどを含む基礎研究及び前臨床研究に用いられるゲノム編集動物モデルをシリーズで提供します。 AAALAC認証を取得しているバイオサイトジェン海門動物センターでは30万匹のマウス/ラットを飼育し、世界各地のお客様に交付しております。

細胞株変更サービス

細胞株工学は細胞株編集とも呼ばれ、細胞株に遺伝子組み換えを行い、細胞特定の機能を変更し、薬物の発現及び治療の研究に対し重要な役割をしています。バイオサイトジェンはHeLa細胞、293FT細胞、HEK293細胞から、線維芽細胞、内皮細胞、神経芽細胞、骨髄由来細胞、肝がん細胞、hiPSCsなど培養難易度の高い細胞株まで、10数年間細胞株编辑の経験を積んできました。

バイオサイトジェン-動物と細胞株モデル専門のゲノム編集受託サービス

十数年来、バイオサイトジェンのお客様は全世界の学術界と企業に広く行き渡っています。弊社は誠意をもってお客様の要求に合わせて、高品質の製品とサービスをタイムリーに提供します。バイオサイトジェンは専門のゲノム編集サービスプラットフォーム、優れたサービス、短い作製期間、揃えられた動物モデルでお客様を100%満足させます。

AAALAC認証を取得しているバイオサイトジェン海門動物センターは動物の愛護及び管理の規定に基づき、研究用の動物に対して、徹底的に人道的に扱うようにしています。弊社の製品とサービスについての詳細情報については、お問い合わせくださいますようお願いします

下記にて弊社の動物モデルをご覧いただけます:

免疫チェックポイントヒト化マウス    重度免疫不全(B-NDG)マウス

ヒト化腫瘍細胞株    レポーター遺伝子細胞株

Creツールマウス    サイトカインヒト化マウス

他の遺伝子修飾マウス/ラット   

Back to top